Language
Japanese

先輩社員インタビュー 森川 由莉子さん

 

intaview_tytle_morikawa

 

 

■具体的な仕事内容を教えてください。

「BISHOUJOシリーズ」の企画をしています。
このシリーズは、世界中で人気のキャラクター達を有名イラストレーター「山下しゅんや」先生によって描きおろして頂いたイラストを立体化するシリーズです。「美少女=BISHOUJO」という日本の文化をミックスさせた日本の企業ならではのアイテムだと考えています。
まずは映画公開やゲーム発売、イベント等のムーブメントに合わせた商品発売の決定、
そこから山下先生へのイラスト、続いてイラストを原型師さんやフィニッシャーさん(原型に塗装を施す人の事)にお願いするための資料を作ります。その後も原型や商品パッケージ・宣伝等、お客様の手元に届くまで色々な作業に携わります。

 

■仕事上でのやりがい・嬉しいと感じられる瞬間は?

イベントやツイッタ―を通してお客様が商品を気に入って下さっている様子を知る事が出来た瞬間です。あとは受注数がわかった時に、「これだけの人数がこの娘(フィギュア)を手元に置いてくれているんだなぁ」と考えると嬉しさと共に緊張がこみ上げます。イラストが仕上がる瞬間、原型のチェックの瞬間も仕事中の楽しみです。

 

■仕事上での大変なことや苦労したことは?

「ビジネス」と考えた際に諦めなくてはいけない部分(塗装方法や、原型の形状等)を元のイメージを損なわないように、製品にうまく落としこまなければいけない部分が出てきます。そういった部分に後から気づくと商品開発に関わる多くの人に苦労をかけてしまう事になるので、イラストを発注する段階から気を付けています。
仕事を始めた時にはそれがわからず「自分のやりたいように」という事だけで仕事を進めてしまい途中で先輩に厳しくも暖かく指導されました。「自分が欲しいもの=お客様が欲しいもの」ではないこと、それでいてまずは自分がその商品のファンになれるようなものを生み出せるようにしています!

 

■仕事を通じて、学生時代の自分と今の自分とで大きく変化したことは?

1つの商品を世に出すのに本当にたくさんの人が関わり、また更に多くのお客様の手元に残るものを世に出していくこの仕事を通して、昔よりも色々な人に支えられていることを意識できるようになったと思います。
元々フィギュアは好きでしたが、製作する側の人間になった事で素直に楽しめない部分もあります(笑)。ですがお蔭さまでフィギュアの奥深さをより感じる事が出来るようになったと思います。

 

■普段気をつけていること、心がけていることは?

自分の仕事が一人の力だけで成り立っているわけではない事、また自分が企画した商品が社員の生活の源となる給与に関わるんだ!という気持ちを絶やさないように気を付けています。企画という仕事はとても魅力的でやりがいがあるものですが、会社全体のイメージや運営に関わってくる肝にもなる部分です。そのため、独りよがりな仕事にならないように気を付けています。

 

■これからチャレンジしたいことは?

これからどんどんアメコミの実写映画化があるのでその勢いに負けないラインナップでお客様を驚かせたいと思います。あとはもう少し自分の趣味を仕事に活かしていってもいいのかなぁと考えています(笑)。また、これまでの経験を活かして「BISHOUJO」シリーズ以外のものも取り組んでいきたいと考えています!

 

■あなたの将来像は?

もっと自信をもって企画が出来るようになりたいものです。
それともう一つ密かな目標があるのですが、それは心に秘めておきます。

 

■社内レクリエーション等、スタッフ同志のコミュニケーションについて教えてください。

年に1度開催する懇親会やお花見、ボーリング大会など、かなりレクリエーションは多い方だと思います。他にもバーベキューやサバゲーやスノボを有志で集まってやっています。プライベートで一緒に遊びに行くような人もけっこういますね!いわゆる「強制的な飲み会」は聞いたことがないのでご安心下さい(笑)

 

■学生のみなさんへメッセージ

就職活動中はうまくいかずに悩みを抱えたり「辛いな」と思うことがたくさんあると思います。私もそうでしたが、自分が好きな事を仕事にする事で色々な人の「好きなもの」を知る事ができ、自分の世界が広がったように思います。卒業後も「好き」という気持ちは確実に「強さ」という武器になると思います。皆さんもその気持ちを忘れずに就職活動と向き合って頑張ってください!

 

morikawa_Schedule
 

NO COPY
Scroll To Top
Pickup