Language
Japanese

先輩社員インタビュー 西丸 芳弘さん

 

intaview_tytle_nishimaru

 

 

■具体的な仕事内容を教えてください。

 3DCGを使ってパソコンの画面の中で商品の原型を設計しています。フィギュアの持っている武器や小物、乗っている台座などの設計が主な仕事です。専用のソフトで3Dモデルとして商品を設計し、社内にある3Dプリンターで出力、フィギュア本体とのバランスを見つつ微調整を繰り返して開発担当者に納品するまでが私の仕事です。

 

■仕事上でのやりがい・嬉しいと感じられる瞬間は?

 自分の設計した物が形になったときです。これは、3Dデータが完成したとき、3Dプリンターで出力したとき、原型と組み合わせたときなど、いろんな場面でやりがいというか達成感を感じることが出来ますが、一番やりがいを感じるのは発売、発表されたときのお客様の反応を見たときです。もちろん良い反応だけではありませんが、それらすべての意見を吸収して次の商品に活かすことが出来ます。こういったお客様の反応を見る事が一番嬉しく、やりがいを感じられる瞬間です。

 

■仕事上での大変なことや苦労したことは?

 学生時代はここまでの経験が無かったのですが、出力品の洗浄作業です(笑)。
社内にある3Dプリンターで出力した物は必ず洗浄をしなければなりません。途中までは機械で出来ますが、最後は洗剤と歯ブラシで手洗いなので冬だと手が荒れます。データ原型だからと言って、ずっとパソコンに向かっている仕事ばかりではないのです。

 

■仕事を通じて、学生時代の自分と今の自分とで大きく変化したことは?

 情報に対する意識が変化しました。普段から公表前の案件を扱うことが多いこともありますが、自分が壽屋の社員であるということは、自分から発信した情報は公式の情報という事になってしまう為、より自分の取り扱う情報に注意を払うようになりました。

 

■普段気をつけていること、心がけていることは?

 デザインと遊びやすさのバランスを取る事です。原型は2次元の絵を基に製作しますが、それらはほぼ現物の1/8や1/7のサイズです。そのまま縮小してしまうと、触っただけで破損する商品になってしまうので、基準の太さを守りつつ見た目に違和感の無いような原型を製作する必要があります。見たままの形を作れば良い訳では無いところが大変ではありますが、お客様に手に取っていただけるように、また手に取っていただいたお客様ががっかりされないように心がけて設計しています。

 

■これからチャレンジしたいことは?

 今は武器や小物・台座といったパーツ部分の仕事を中心に行っていますが、今後はフィギュア本体の原型にチャレンジしたいです。しかし、今メインで使用しているソフトではフィギュア本体は作れないので、まずはソフトを使いこなせるよう勉強するところから始めています。

 

■あなたの将来像は?

 将来的には自分だけで一つの原型が作れるデータ原型師を目指しています。今使えるソフトの技術を磨きながらも新たにフィギュア向けのソフトを勉強して、どちらも使えるマルチなデータ原型師になれるように日々勉強しています。

 

■社内レクリエーション等、スタッフ同志のコミュニケーションについて教えてください。

 全社懇親会や社員旅行といった社内イベントや、先輩方主導のスノボ旅行の他にも、どの部署の先輩方にも気軽に話しかけられる雰囲気の会社です。

 

■学生のみなさんへメッセージ

 私も社会人1年目なので偉そうなことは言えませんが、今のうちにいろいろなことを経験してみてください。過去の経験は予想外のところで役立ちます。どこで何が役立つかは予想できません。なので、就活や卒論で忙しいかと思いますが、なんでもやってみてください。そして壽屋に入社したら、学生時代に貯めた経験値を発揮してレベルアップしてください。皆さんに会えることを、そして皆さんのいろんな経験談を聞けることを楽しみにしております。

 

nishimaru_Schedule

 

NO COPY
Scroll To Top
Pickup